アレグラ – 最も副作用が抑えられたマイルドな薬

アレグラ錠剤シート画像

引用元:アレグラ錠60mgの基本情報(作用・副作用・飲み合わせ・添付文書)【QLifeお薬検索】

アレグラはサノフィ・アベンティス社が販売している経口タイプの抗ヒスタミン薬です。神経伝達物質ヒスタミンの働きを抑える作用により、ヒスタミンによって引き起こされるくしゃみや鼻水といったつらい症状を防ぎます。

抗ヒスタミン薬の中では効き目が軽い薬ですので、症状が出てしまってから飲むよりも、症状が出る前から飲んで予防薬として使うのが効果的です。

個人輸入で通販購入できるアレグラ

当サイトでは、個人輸入代行サービスで購入できる海外製のアレグラを紹介しています。個人輸入で購入できるアレグラは、30mg、120mg、180mgと3つの成分含量があります。60mgが無く、代わりに日本では認可されていない180mgの規格があります。180mg錠は24時間ききめが持続するタイプで、服用回数が1日1回で済みます。いずれも日本国内で販売されているアレグラと同じサノフィ社製の正規品ですので、同等の効き目がありながら、お求めやすい価格となっています。 アレグラ180mgは1箱10錠入りですので10日分となります。

アレグラ30mg

通常価格販売価格1箱
アレグラ30mg 7箱セット10,360円3,703円529円

アレグラ120mg

通常価格販売価格1箱
アレグラ180mg 7箱セット20,860円7,455円1,065円

アレグラ180mg

通常価格販売価格1箱
アレグラ180mg 7箱セット24,360円8,706円1,243円

アレグラとモンテルカストの合剤

あんしん通販マートでは先発薬以外にも、アレグラの海外製ジェネリックとしてアレジェグラMを取り扱っています。

アレジェグラMは、アレグラ主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩に加えて、抗ロイコトリエン薬のモンテルカストが配合された花粉症治療薬です。1錠でアレグラ120mgとモンテルカスト10mgを同時に摂取できるので、もともとこれら2剤を併用している患者やアレグラ単体で効き目が不十分な患者に適しています。

アレジェグラM

通常価格販売価格1箱
アレジェグラM120mg 7箱セット15,260円10,213円1,459円

アレグラの効果と特徴

アレグラは抗ヒスタミン薬の中で最も効き目が弱い薬です。花粉症の症状を緩和する効果は低くなりますが、眠気や鈍脳(眠気や集中力の低下)、口の渇きといった副作用が抑えられるというメリットがあります。

アレグラはもともと処方薬のみでしたが、安全性が確立されたため、2012年より市販薬としても販売されるようになったスイッチOTC医薬品です。

眠気・集中力の低下・口の渇きが出にくい

アレグラの特徴は何といっても「副作用が出にくい」という点です。花粉症の薬の中でも効き目が弱くなりますが、眠気や口の渇き、集中力の低下といった抗ヒスタミン薬特有の副作用が抑えられます。アレグラの主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩は、鼻に対してのみ選択的に作用して脳には影響をおよぼしにくいため、鎮静作用が非常に少なくなります。このため、昼間でも安心して服用することができます。

アレグラの主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩は第2世代抗ヒスタミン薬の中でも効き目が抑えられた薬です。ザイザルやジルテックに比べると効果が弱まる一方で、眠気や集中力の低下といった副作用が出にくくなるため、昼間の活動に差し支えなく治療が行えます。抗ヒスタミン薬の副作用として他にも口の渇きが出やすくなりますが、アレグラは口の渇きも防ぎます。

アレジオンとアレグラの違い

アレジオン製品画像01

引用元:アレジオン錠20の基本情報(作用・副作用・飲み合わせ・添付文書)【QLifeお薬検索】

アレグラと比較される花粉症の薬で、最も多いのがアレジオンでしょう。同じ市販薬で名前も似ているため、薬局の花粉症コーナーでアレグラとアレジオンがに並んでいたら迷うのも仕方ありませんね。

効き目の強さにおいては、アレグラとアレジオンに明確な差はありません。 ただし効き目の強さはそれぞれ個人差が出るため、実際に飲んでみなければどちらが効くかはわかりません。

アレグラとアレジオンは主成分および薬の構造が違います 。アレグラの主成分フェキソフェナジン塩酸塩がピペリジン系で、アレジオンの主成分エピナスチンが三環系となります 。つまりピペリジン系が最も効く人もいれば、三環系が最も効く人もいるという事です。

服用回数はアレグラが1日2回であるのに対し、アレジオンは1日1回となります。つまり1錠で24時間ききめが持続するのがアレジオンです。服用回数が少なくて済むため、利便性においてはアレジオンが優れていると言えます。ただしアレジオンはアレグラよりも眠くなりやすいとされており、両者ともに一長一短という感じです。

アレロックとアレグラの違い

アレロック製品画像01

引用元:アレロック錠5 | 協和キリン医療関係者向け情報サイト 協和キリンメディカルサイト

アレジオンに次いで、アレグラと比較されやすいのがアレロックです。やはり同じ花粉症の抗ヒスタミン薬で名前が似ていますが、アレロックは処方薬ですので薬局では販売されていません。
お医者さんでアレロックを処方されたけど、薬局で売ってるアレグラとはどう違うのだろう?という方が多いのではないでしょうか。

アレロックは第2世代抗ヒスタミン薬の中でも効き目が最も強い部類の薬ですので、アレグラとは明確に違います。
アレロックはつらい症状が出てしまっている状況でもしっかりと治療効果を発揮する一方で、抗ヒスタミン薬としての副作用が強く出やすくなります。アレグラに比べて眠気や集中力の低下などが起こりやすいため、車や重機の運転をされる方にはおすすめできません。

アレグラの効果に関するツイート

▼アレグラを購入する

アレグラの副作用

アレグラは副作用が最も出にくい薬ですが、それでも人によっては他の抗ヒスタミン薬と同様の副作用が出ます。主な副作用は眠気、鈍脳(集中力の低下など)、口の渇きです。
鈍脳は別名インペアード・パフォーマンスとも呼ばれ、意識的には気づきにくい脳機能の低下です。知らないうちに集中力や判断力が下がってしまうため、車や重機の運転をされる方は特に気を付けなければならない副作用となります。
その他にも頻度は下がりますが、頭痛、吐き気、腹痛、めまい、倦怠感といった副作用が起きる場合があります。

アレグラの副作用に関するツイート

アレグラの飲み方

アレグラの基本的な用法・用量として、1回60mgを1日2回、朝夕に服用します。症状や副作用の程度によって、30mgに減らしたり120mgに増やしたりします。

アレグラは空腹時にも服用できるので、食前・食後どちらでも大丈夫です。食後に飲むと薬の成分が吸収されにくくなって効き目が弱まってしまう可能性があるので、食前の服用が好ましいです。

花粉症の治療は発症する前から薬を服用するのが一般的であり、アレグラのような予防薬は花粉が飛散する2週間ほど前から飲んでおきます。

アレグラを飲み忘れたら

アレグラを飲み忘れた場合、飲み忘れに気づいてからあまり時間が経っていない場合はすぐに飲み忘れた分を飲んでください。次に飲む時間が近い場合は、1回分とばして次の分だけ飲むようにしてください。次の服用までに6~8時間ほどの間隔があるようでしたら服用しても構いません。1度に2回分飲むのはやめましょう。

アレグラを服用するにあたっての注意点

アレグラは、服用できない方や服用する際に注意が必要な方がいます。思い当たることがあった場合は、服用を控えるか医師に相談をしてください。

アレグラを服用できない方

アレグラの主成分フェキソフェナジン塩酸塩に対して過敏症(薬に対するアレルギー反応)を起こしたことがある方は、アレグラの服用が禁忌とされています。

アレグラの服用に注意が必要な方

以下に該当する方は、アレグラを服用する前に医師や薬剤師に相談をしてください。

  • 医師の治療を受けている方
  • アレルギー性鼻炎なのか他の疾患(かぜ等)なのか判断がつきにくい方
  • 他のアレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎等)の診断を受けたことがある方
  • 鼻づまりがひどい方
  • 妊婦もしくは妊娠している可能性がある方
  • 薬などでアレルギー反応を起こしたことある方

アレグラで注意すべき飲み合わせ

アレグラは、併用に注意が必要な薬があります。以下の薬を服用している方は、アレグラとの併用によって薬の作用が強まったり弱まったりする恐れがあるため、アレグラを服用する前に医師に相談をしてください。

  • 一部の制酸剤(アルミゲル、マグミット):胃酸を中和する薬
  • エリスロマイシン(エリスロシン):抗生物質

アレグラの主成分について

アレグラの主成分フェキソフェナジン塩酸塩は、第2世代抗ヒスタミン薬のうち、ピペリジン系に分類される薬です。

フェキソフェナジン塩酸塩の作用機序として、ヒスタミン受容体の一つであるH1受容体に結合し、ヒスタミンとの結合を競合阻害します。
H1受容体は花粉症のほか、食物アレルギーや蕁麻疹といったアレルギー疾患に関わっており、ヒスタミンとの結合によってこれらの疾患が発症します。フェキソフェナジン塩酸塩はヒスタミンとの結合を阻害することでこれらの疾患を防ぎます。

抗ヒスタミン薬の特徴として脳への鎮静作用がありますが、フェキソフェナジン塩酸塩は効き目が控えめですので鎮静作用も軽減されます。

アレグラの種類

アレグラは処方薬および市販薬があり、成分含量や錠剤のタイプによっていくつかの種類が販売されています。日本で処方・販売されているアレグラには以下の種類があります。

アレグラ錠30mg・アレグラ錠60mg

処方薬のアレグラです。成分含量が最小用量の30mgと60mgの2種類となります。市販薬のアレグラに比べて成分含量が少ないため、効き目が弱くなります。一方で副作用は市販薬よりも軽減されます。30mg錠は基本的に小児用となります。

アレグラOD錠60mg

アレグラの処方薬で、OD錠(口腔内崩壊錠)のタイプです。成分含量は60mgのみです。口腔内崩壊錠は、口の中で速やかに溶けるので、唾液や少量の水分でも服用することが出来ます。水なしで飲めるので利便性が優れており、高齢者や飲み込む力が低下しているような方でも安心して飲めるタイプのアレグラ錠です。

アレグラFX・アレグラFXジュニア

薬局や通常の通販サイト(楽天やAmazon等)で手軽に購入できる市販薬のアレグラです。テレビCM等で最もよく見かけるアレグラがこのFXです。

通常のFXの他に、成分含量が30mgで小児用のFXジュニアもあります。

成分含量は最も多い120mgで、処方薬よりも効き目が強くなります。もっともアレグラは効き目の強さよりも副作用が出にくい点が特徴なので、そういった意味では処方薬の方が優れていると言えます。

アレグラを購入する

当サイトでは、個人輸入代行サービスで購入できる海外製のアレグラおよび同薬のジェネリックとしてアレジェグラMを紹介しています。
個人輸入で購入できるアレグラは、30mg、120mg、180mgと3つの成分含量があります。
60mgが無く、代わりに日本では認可されていない180mgの規格があります。

アレグラ30mg

通常価格販売価格1箱
アレグラ30mg 7箱セット10,360円3,703円529円

アレグラ120mg

通常価格販売価格1箱
アレグラ180mg 7箱セット20,860円7,455円1,065円

アレグラ180mg

通常価格販売価格1箱
アレグラ180mg 7箱セット24,360円8,706円1,243円

アレジェグラMは、アレグラ主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩に加えて、抗ロイコトリエン薬のモンテルカストが配合された花粉症治療薬です。

アレジェグラM

通常価格販売価格1箱
アレジェグラM120mg 7箱セット15,260円10,213円1,459円